私おかん頑張ってます

4歳、3歳の年子+0歳時の育児中。旦那は激務のためほぼワンオペ育児。小さなストレスを手放すためイロイロと模索中。

子どもが片づけ苦手なのには理由がある。3,4歳児で実証済み!!手ごたえありの片づけ方法

スポンサーリンク

 毎日、毎日3歳と4歳のパワフルキッズが

家中を散らかしてくれます。

 

「寝る時間だから片づけてー」

と声をかけても片づけているのか

遊んでいるのかよくわからない。

 

なかなか片づけが進まないまま時間だけが過ぎていき、

イライラもピーク。

 

「ママが1人で片づけたらいいじゃん」の

一言でブチギレ。

 

でも、ある方法をためしたら子どもが自ら片づけてくれるようになりました。

 

しかも、すごく綺麗に。

 

その方法が人生を思い通りに操る 片づけの心理法則の中で紹介している写真暗示法。

 

写真暗示法のやり方

1・片づけが完了している綺麗なお部屋を写真でパシャリ

2・それをプリントアウトして目に付く場所に飾る

 

以上です。

すごく簡単でしょ。

ポイントは必ずプリントアウトすることです。

常に見える化しておくことで効果が発揮されます。

 

身だしなみについては鏡という便利な道具がありますが、片づけには通常、こうした仕組みがありません。
そこで、写真を使って、無意識のうちに部屋の乱れを正したくなるような暗示を自分に書けるのです。
洗面所に入ればいやでも鏡を見るように、自然に目に入ってくるところに
片付いた部屋の写真を置き、それとの比較で部屋の乱れに気づけるように仕向けて行くのです。

 

鏡の前に立つと無意識に髪の乱れや顔などのチェックをしますよね。

これと同じ要領です。

 

子どもが片づけが苦手な理由

・どう片づけていいかわからない

・片付いている状態がわからない

・やり方がわからない

が原因です。

 

そこで写真暗示法を活用して片づけができるようにさせていきます。

 

子どもはマネっ子が上手なのでお手本があれば何をやるべきかどうしたらいいのかがわかるようになります。

 

実際にやってみた

f:id:yout96:20180113122511j:plain

プリントアウトして壁に貼り付けてみました。

 

お片付けの時間になり、

「片づけてー」ではなく

「これ、キレイなお部屋だね。この写真のようにお片付けおねがいしてもいい?

上手にできるかなー?」

 

といったところ

「わかった」

と2人ともやる気満々でお片付けにとりかかりました。

まるでゲーム感覚かのように。

 

ビックリしたことにいつも以上に早く片付き

写真と同じように片づけてくれたのです。

 

おもちゃ以外にも写真と同じように

リモコンの位置まで戻してくれたり(゚∀゚)

 

 まだ実践して2日目ですが

いまのところちゃんとお片付けしてくれています。

 

ストレスフリー\(^o^)/

 

まとめ

写真をとって見えるようにしておくだけで

無意識に片付けようと気持ちにさせてくれます。

驚いたのは子どもでも写真と同じようにお片付けが上手にできるってことです。

 

・毎日「片づけなさい」と同じことでイライラしなくてすむ
・将来片づけができない子になったらどうしようという不安
・小さいうちから片づけの習慣を身につけさせたい

 

その悩み解決できると思います。

ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

 

参考にさせてもらった本はこちら 

 

本日もお読みいただき、ありがとうございます。